お客さまとのコミュニケーション力UP!コツのコツ

人見知りで取り越し苦労のアナログオバチャン保険屋がコミュニケーションについて書き散らかしていきます
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

自分の3秒=∞(無限大)





ibマッピングスペシャリストかおりん@新潟です。

ネムノキの花が咲いて、夏ですねぇ~
こちらはまだ梅雨明けせず、
じとじと、身体も重く感じますね。
私は気圧の変化に弱いところがあるので、
「何かいつも調子悪そう…」と見られたりします(笑)


今日は、「与えること」について書いてみるかな。

誰かに何かを与えることって、難しいと感じますか?

「だって、人様にあげるような余裕ないし」
「なんも持ってないし」

え? Σ(・∀・;)
こっちがもらいたいくらいだって?


うーーーん( ´~`)

えと、、、ね。
はじめに出さないとまわって来ないよ?

欲しい欲しい、ちょーだいばっかりでは、
貰えるものも来ないさねー



自分の時間、あげてみるのはどうかな?

え?何?

「忙しくて、時間が足らないのに!何でよ?」

って、そう来たか(笑)


時間をあげるのって簡単なのよ。
他人の時間を増やしてあげることができる。
それも無限大に。


それがまわりまわって、自分の時間になる。

(この辺の感じ、わかるかなぁ~?)


時間もエネルギーだからね。
「時間」じゃないものでまわってくるかもね。


じゃあ、
実際に時間を与えてみましょう。

ちょっ・・・あのーーー。
時給いくらで労働することじゃなくてね・・・^_^;



えっとね、
例えば、ちょっと混んでるかなって道を想像してね。

対行車線に右折車がいて、
その車の後ろが渋滞しはじめた。

こちら側の車の一台が
右折の車にちょっと譲ってあげればさ、
たちまち流れが良くなるじゃない。

右折の車の後ろのたくさんの車も、
イライラして待たなくていいよね。

自分が道を譲るために使った3秒で、
みんなが助かるんだよね。
みんなの時間が増える。

間に合う人、早く着ける人、余裕を得る人等々。

そうすっとさ、
その3秒はもはや3秒じゃないよね。
大きな時間になってるよね。


「私は急いでいるんだからっ(`Δ´)
入れてあげないわよ!」


こんなして変なところを塞いじゃって、
自分の1秒惜しんだことで、
みんなの時間を奪う人。

不思議なことに、人に道を譲ることで、
ものごとのタイミングが合ってくる。
呼吸が合うというかね。

それは、日々活動してて感じることですね。

「ああ~ちょうどいいところに来てくれた」とか、
「連絡しようと思ってたんよ~」とか、
そういうことが増えてくる。

そうすっとさ、
私の時間も増えちゃうわけさ!


道、譲ろう。
右折の車、本線に進入する車、入れてやろう。
んで、自分が譲られたら、ありがたく譲られよう。


注意!
譲り、譲られのときは、歩行者が危険になったり、
事故を誘発しないように、状況見極めて気をつけて行動だよ。


譲ったことでの事故、ないわけではないから。


譲ってると、いざって時譲ってもらえるよ。
それで遅れそうなのに間に合ったり。

自分で出したものがぐるぐるっと回って返って来るんだね。

お金さんもきっと似たようなことがあるんじゃないかな。
そのことについては、
また別の機会に書いてみようと思います。


ウフフ('∇')
大きくなって戻っておいで~(^^)ノ


>°))))彡    >°))))彡


*********

7月15日・16日のお茶会
両日ともに残席2名さまとなりました。


お茶会のお誘いブログはこちらから⬅️飛べるよ

※お茶会のお申込みはこのブログのコメント欄を使ってもOKです。
その場合「管理者だけに表示」にチェック入れてください。
お名前・メールアドレス・当日連絡先・希望日を記入ください。






スポンサーサイト
【 2018/07/07 (Sat) 】 コミュニケーション力UP | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおりん

Author:かおりん
ibマッピングスペシャリスト
かおりん@新潟です。

お客さまとのコミュニケーションで悩んでいませんか?
長年Face-to-Faceの現場に身を置いてきた、
私のibマッピングがお役に立てるかもしれません。

このブログでは、お客さまとのコミュニケーションについて、
私が日々実践していることなどなど書いていきます。

ibマッピングのセッションのお申し込みはメールフォームからどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR