FC2ブログ

お客さまとのコミュニケーション力UP!コツのコツ

人見知りで取り越し苦労のアナログオバチャン保険屋がコミュニケーションについて書き散らかしていきます
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

ひとりになれなかったひとり旅(23)

ibマッピングスペシャリストかおりん@新潟です。
書き続けてきた東北自転車旅、この回で終わりとなります。
長らくお付き合いいただきありがとうございます。

では旅の続きです。


**********
22からの続きです。

1988年8月3日
函館山からの夜景を見たあと、函館駅前に戻った。

山頂から見た光のところへ戻って来たのだな、
そう思うと不思議な気持ちになった。


函館駅には、クラブのメンバーのうちの
同期2人と先輩3人が到着していた。

「おー!早かったなー、どうやって来た?輪行?」

「ずっと走ってきました」

「やるなあ!」

みたいな話をして、お姉さんたちを紹介した。

ライダーのお姉さんはきれいだし、
バイクもカッコいいのに乗ってた。
だからか、メンバーもバイク話をしてなじんでいた。
ヒッチハイクのお姉さんも、楽しそうに話を聞いていた。
少しは気が紛れるんだろうか。

一緒にビールを飲んだりして意気投合、
プレ合宿みたいになった。
お姉さんたちが「宿どうしようか」とか言ってると、

「テントならあるよ~」
「ここで一緒に泊まればいい」

ふたりは4人用のクラブテントに寝てもらうことに。
シュラフは誰かが貸したようだ。
夏だからいらないかもだけど。

お姉さんたちは初めてのテント泊に
ちょっとワクワクしてるみたいだった。


合宿前に、こんなことがあるなんて、
何だか面白くて、嬉しくて不思議だった。




8月4日
早くに目が覚めた。
少し肌寒い。

お姉さんたちはよく眠れたかな?
ふたりのテントのところに行って声をかけた。

「おはようございまーす」

「おはよう~!寒いねー」

やっぱり、少し冷えたかな?
慣れてないと寒かったかも?

でも眠れたようで良かった。


テントをたたみ、それぞれが好きなところへ。
お姉さんたちは朝市に行ったようだ。


※私はどうしてたのか記憶がなく、旅の記録もない
旅日記には
「海の見える図書館へ行く。とても眠い」
とだけある。


合宿の集合時間の少し前に、
函館駅に戻った。
メンバーが続々集まってくる。

部長が参加メンバー確認して合宿が始まった。
忙しくなる。

あのお姉さんたちがまだいた!
いよいよお別れ。



何処へ向かうのかな?
再会、、、もうないだろうな。


合宿のゴールは札幌。
ここからはひとりではないけれど、
出会いには気付きにくくなる。

こうして合宿のスタートとともに、
私のひとり旅は終わった。



**********
30年近く経って旅のことを書いて思うこと、
いろいろあるけど、ここでは書かないでおこうかな。

書き終えて思うことでひとつだけねd(^-^)

ひとりになりたくてひとり旅に出たのに、
全然ひとりじゃなかった。
誰もひとりにさせてくれなかった。

人生が旅としたら、
ひとりぼっちって感じるのは、気のせい。
きっと求めすぎて、与えられない時なのかもしれない。






スポンサーサイト
【 2018/03/07 (Wed) 】 自分探しの旅を今、振り返る | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおりん

Author:かおりん
ibマッピングスペシャリスト
かおりん@新潟です。

お客さまとのコミュニケーションで悩んでいませんか?
長年Face-to-Faceの現場に身を置いてきた、
私のibマッピングがお役に立てるかもしれません。

このブログでは、お客さまとのコミュニケーションについて、
私が日々実践していることなどなど書いていきます。

ibマッピングのセッションのお申し込みはメールフォームからどうぞ。

LINE@始めました。
"ibマッピングかおりん@新潟"のLINE@はじめました! 活動やイベント情報をお届けします。 下記のリンクから友だち追加してみてください。 友だち追加
@lfk8777c(@エルエフケイ8777シー)で検索してもOK!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
ブログQRコード
QR