FC2ブログ

お客さまとのコミュニケーション力UP!コツのコツ

人見知りで取り越し苦労のアナログオバチャン保険屋がコミュニケーションについて書き散らかしていきます
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

自分の内側をぼんやり見つめる

こんにちは(^ー^)
人見知りのまま、保険営業を25年やっている、
ibマッピングスペシャリストかおりん@新潟です。





最近の放置庭です。
ナンチャッテ「ターシャの庭」みたい(笑)

ブログ更新がすーんごく滞っていました。
ブログを放置しても、
ターシャの庭っぽくはなりませんが。

そうなんです、
ヤダヤダ病、再発ですo(><;)(;><)o

湿気で髪の毛がボワボワになることも、
気候のせいか指関節が痛いことも、
仕事でのデジタル活用のかけ声も、
もう、
何もかもがいや〜(`・д・´)

そして、
大きく変わることが苦手で、納得しないと動けない、
どうにも困ったちゃんです(笑)

滞っている間、特に何をしてたとか、
山に籠って滝の修行をしていたとかではなくて。

自分の内側をぼんやり見つめたりしていました。

で、
自分の「好き」を知っているつもりでしたが、
全然わかっていなかったことがわかりました。

「好き」だと思っていたものは、
自分の基準で選んだものではなく、
他者目線のフィルターがかかったものが多いです。

みんなの役に立つか。
他人を不快にさせないか。
無難であるか。
等々、挙げたらキリがない!


ホントにそれが好きなのか?
自分に問いかけてみるといいかもですね。

なんで好き?
どういうところが好き?
などなど、
理由を書き出してみる。

他者を意識したもの、
ありますよねーd(^-^)

私はたくさんありますよー

それが良いとか悪いとかではなく、
気づきことが大切なのだと思います。

自分の「好き」が何なのか?

無意識に他人に合わせたり、
身体にいいから(または悪いから)、
私なんかにはこれくらいが…とか、
いろいろあるよねー(*-ω-)

今、
そこら辺を取り組んでいまして、
何か気づいたら、
アウトプットのひとつとしてブログに書いてみようかなと。

アンパンマンマーチの歌詞じゃないけど、

何が君のしあわせ?
何をしてよろこぶ
わからないまま終わる
そんなのはイヤだ!

自分の「好き」もわからなくなったまま、
どんよりと時間を潰して行くのはイヤだなぁ。

そんなわけで。
内側ぼんやり見つめてると、
思い出したくない記憶も芋づる式に出てきたりするんだけどね。
それらをひとつひとつ、
クリアにしていけたらと思います。

自分の「好き」
マッピングしてみようかな。

もしも、私のこの記事を読んで、
ハッΣ(゚Д゚)としたり、
そう言えば考えたこともなかったわ( ´〜`)
と思った方!

ぜひぜひマッピング体験してみてくださいませませ!
対面、オンライン、どちらでも対応できます(^ー^)


長々読んでいただきましてありがとうございます!


スポンサーサイト



【 2020/07/08 (Wed) 】 My History~かおりんの根っこ~ | TB(-) | CM(0)

蝶になりたかった蜂


こんにちは(^∇^)
在宅勤務から通常モードへ、
リハビリ運転中、
アイビーマッピングスペシャリストかおりん@新潟です。

今日は気づいてしまったことがあって、
ひとりごとみたいなブログです。
良かったらお付き合いくださいねー( ´ー`)


*****



(写真の蝶々とは関係ないです)

小学生のころ、
アゲハチョウ(キアゲハ)の幼虫を飼育してたことがありました。
さなぎ(蛹)から蝶々へ羽化するのが見たくてね。

飼育箱の中の(イモムシ的な姿の)幼虫はキアゲハゆえ、
セリ科の植物しか食べません。
毎日、新鮮なミツバや、
セリを採ってきて食べさせていました。

脱皮を繰り返してようやくさなぎ(蛹)に。
でも、
時々さなぎから蝶々ではなく、
変な蜂が出てくるときがあったんです。


驚いて調べてみると、
蝶々の幼虫に産卵してい
寄生して成長する蜂がいることを知りました。

1cmにも満たない幼虫をさなぎになるまで育てて、
早く蝶々に羽化しないかなー!
と期待しているのに、
そんな時は、
あー!やられた!
折角ここまで育てたのに!

と悔しくがっかりしたものでした。

そして、
さなぎで身動き取れない時代に、
身の内を蜂に喰われてしまう、
アゲハチョウの運命、
アゲハチョウの幼虫に寄生しなければ成長出来ない寄生バチの宿命に、
子どもなりに思いを馳せることもありました。



なんで、マッピングのブログに、
こんなことを書いたかというと、

もしかして元々自分は蝶々じゃないのかも?
と気づいてしまったから。


振り返ると、
自分のなりたい人になりたくて、
時間もお金も労力も使ってきましたね〜


和気道、
数秘術、
自分自身のセラピスト講座、
ibマッピング等々。

そう、
蝶々になりたくて努力してきました。

でも、
実は元々
蝶々ではなく、寄生バチだったのかもしれない。



んーーー(ーー;)

やだ、そんなの!



でもね、
幼虫の中でいるとき、
寄生バチは自分が蜂だと気づいているのでしょうか?


いや、むしろ、自分は蝶なのだと、
思い込んでいるのかもしれないですね。


聞いたことないから知らんけど(笑)



(写真の蜂は関係ないです(^^ゞ)



さなぎの時代。
蜂は発動する。



蝶々ではなく蜂へ。
変容は否応なく起きる。



蜂なんだから、
蝶々になろうとする努力は無駄だったのかな?

いや、
蜂は蝶々の幼虫の体内にいる必要があったよね。

蝶々の幼虫なくしては、
蜂は成長出来ないんだ。

だから、
和気道も、
数秘術も、
自分自身のセラピスト講座も、
ibマッピングも、


自分が蜂になる許可出そう。
自分が蜂だということ思い出そう。

蜂になったら、
さあ、なにをする?

マッピングを片手に持って、
私は何を成すのかな?



まずは自分をよく知る。
自分と仲良くなる。


その時、ibマッピングは、
自分探求の長い旅の、
地図と杖になり得ると思うのです。



自分の旅のマップ、
知りたいなあという方は、
ぜひ私のマッピングで探しに行きましょう。

zoomミーティングでセッションできます。
こちらのページからどうぞ




長々読んでいただいてありがとうございます!




【 2020/05/30 (Sat) 】 My History~かおりんの根っこ~ | TB(-) | CM(0)

変な時に変なところの引き出しが開いた話


こんにちは(^ー^)
2月に入って、眞理先生とのお金さんお茶会が気になる、
ibマッピングスペシャリストかおりん@新潟です。

今日はちょこっとネガティブな感じです。


うーん、ちょっとなー(-ω-)の方は、
写真のところから戻ってね。







人間、
変な時に、
変なところの記憶の引き出しが開くもんです。

開いた結果、
自分の変な思考のクセがまた炙り出されました。


昨日のコラージュの日、主催者のMさんに、
サルナシ(コクワ)のジャムを持って行ったんです。

Mさんは「わぁー!ありがとう!」と受け取って、
キッチンの棚に置いたわけです。

普通だよね、これ。
誰でもすること。
暖かい部屋に置きっぱなしにしたわけでもない。

ホント、ふつう。



それでね、
コラージュの後で、
なぜか、小学校の時の2つの記憶が甦ったんです。


一つ目。
家の脇の紫陽花が見事に咲いて、
親だったか祖母が、学校に持っていくようにと、
紫陽花を切ってくれたんです。

紫陽花を活けてくれるように当番(係かな?)に頼んだけど、
子どもゆえ、紫陽花は放置され萎れてしまった。

慌てて花瓶に活けるも紫陽花復活せず。
私は怒って泣いてしまう。
係の子が謝っても許してやらなかった、らしい。

「らしい」というのは、当時の係の子が、
大人になってから「こんなことがあってさー」と、
私に話してくれたから。

その子は、その出来事を思い出す度、気にしていたそうで。


あ、
その子とは中学の時も、大人になってからも仲良いよ〜


二つ目。
家の近くの空地に「ヒメジョオン」がたくさん生えてた。


ヒメジョオン◀◀どんなのかみたい方はここから検索出来ます!


可愛らしい花を咲かせるんだよね。

私は学校にヒメジョオンを10本くらいだったかな、
摘んで持っていったわけさ。

そして、、、
当番(係かな?)に活けてくれるように頼んだのね。
その時の係の子は、
けっこう裕福な家の子だったと思う。

「なにこの草?」みたいな、こわごわ…な雰囲気で、
ヒメジョオンの束を受け取った。

私は「これは、雑草ではなくてヒメジョオンという草花」
というようなことを説明した。

その子は、不思議そうな顔をしながら、
花瓶に活けてくれたけど。

何日かして新しいキレイな花が来たら、
ヒメジョオン、捨てられてたなぁ。

担任も「何かの草だよね」って雰囲気だったような…

かなしいような、何かごめんね、みたいな気持ちだった。

ヒメジョオン。
ゴメン。
私にも、ゴメン。
何かカッコ悪い思いさせて。



今頃、なんでこんな記憶が出て来たのかなぁ?


感情にフォーカスしてみる。


私が持っていくものはみんなを喜ばせられない。

私が持っていくものはみすぼらしい。

私が持っていくものは必要とされない。理解されない。




そんな言葉が沁み出てきた。

悔しかったねぇ。
せっかく持っていったのに。
みんなが喜んでくれると思ったのに。
わかってもらえなかったね。
「何?雑草?」みたいな目で見られたね。
せっかくきれいに咲いた紫陽花は、忘れられちゃったね。


イメージの中で、
小学生の自分を抱きしめる。


植物のことよく調べて、
雑草にも名前があることを知って、
可愛らしい花が咲くことに気づいて。

みんなにも見せたいと思ったんだよね。



そうなんです。
マニアックに偏っちゃうところがあってね、

私って受け入れてもらえるのかなぁって、
心の片隅に不安の欠片が転がってる。


誰かに何かしてあげたい!と思っても、
「こんな時、世間一般ではどうするんだろう?」とか、
「こんなことで喜んでくれるかな?」
「逆に迷惑かもしれない」

等々、
メンドクサイ奴になってしまうようです。

思考のクセ、
直すことってなかなか大変。
何十年もかけて、
信じて、固定して来たものだから。

でも、
「あー、こういう思考のクセがあるんだなー」って、
気づくだけで、
ちょっとした出来事に、むやみに反応しなくなるし、
過去の自分も癒していける。



まずは自分を知ることですねー(^∇^)



日常の中で感じる言葉に出来ない「モヤモヤ」、
時々ぶつかる「カチン」「コチン」「ピキッ」

何に反応してのことなのか、
ibマッピングで紐解いてみませんか?

案外、昔の出来事に対する感情が、
消化されてなかったことに気づくかもしれません。


かおりんのibマッピングは、
お茶会やワークショップでお気軽に体験できますよー(^^)


お知らせの受け取りやセッションのお申し込みは、
LINEが便利で簡単です。
ぜひお友だち追加お願いいたします!

(スマートフォンで見ている方、メニューの下の方にあります)


長々読んでいただきましてありがとうございます!





【 2020/02/03 (Mon) 】 My History~かおりんの根っこ~ | TB(-) | CM(0)

1989年早春、花巻~遠野旅⑦

こんにちは(^-^)
ibマッピングスペシャリストかおりん@新潟です。

今日はすぐ近くの小学校の運動会で朝から賑やかです。
独身の頃は、朝からうるさいなぁ、
なんて思ってましたが、子どもを持つと、
あんまりうるさく感じなくなりました。

さて、遠野旅ラストです。
読んでくださると嬉しいです。


*******

1989年3月13日
早起きしようとしたが、やはり起きたのは8:00…
起きられないんだな~
朝ごはんを食べて10時にYHを出発。





かつての早池峰山への登山道、「早池峰古道」


昨日まわれなかったカッパ渕やこんせい様を見る。

カッパ渕は不気味なところかなと思ってたが、
常堅寺のそばの、のどかな感じの川だった。
流れを見ていると「さもありなん」という気持ちになる。

こんせい様は、よくあるパターンだが、
子宝とか豊作を願う男性シンボルをかたどった石。
自然石が祀られているところもあった。
あちこちにあるらしい。
形に意味や力を見いだしていたんだろうな。





再びカッパ渕へ行くと、YHで出会った人たちに会った。
東京から来た女性と、福岡から来た男性。
写真を撮って住所を交換する。
(写メとかないから、現像して焼き増しして郵送が定番)


ふたりに別れを告げて、遠野駅へ。
みんな明日は何処へ行くのだろう。

駅では、また自転車バラしからの輪行。

…なぜ、入らない?

パッキングが下手になってるんだな。

遠野駅を13:03発
花巻で乗換、一ノ関、仙台で乗換、
山形に18:43に到着。

こうして、早春の花巻~遠野の旅は終わった。


ツーリングのように、次の町、また次の町へと、
進んでいくのも好きだが、
連泊して、その地域の歴史や文化にふれて、
その土地の波動とか空気感を味わうのもまたいい。


時間とお金が許されるなら、もう1泊しても良かったな、
と思う。


*******

昔の遠野旅、
長々とおつきあい頂きましてありがとうございました。

昔の旅を改めて書いてみると、新たな発見があります。
キツかった、心細かったなどの感情と結びついた記憶は、
けっこう覚えてるけど、
なーんとなーくの記憶は呼び起こしが大変です。

感情って、大きい力がありますね。
ibマッピングにも活かしていきたいと思います。



【 2018/05/26 (Sat) 】 My History~かおりんの根っこ~ | TB(-) | CM(0)

1989年早春、花巻~遠野旅⑥


こんばんは(^ー^)
ibマッピングスペシャリストかおりん@新潟です。

日が長くて、いつまでも仕事してしまってますf(^_^;
虫も鳥も人も忙しいですね。

さて、遠野旅の続きを書いていきますね。
読んでくださると嬉しいです。

*******

上有住駅からまた釜石線で遠野に戻った。

遠野市立博物館と昔話村に行く。
なかなか良い!
いろいろ興味が湧いて、調べたいことがあるんだけど、
時間がなーーーい!

バスに乗らずに歩いて散策しながらYHに帰ることにする。

百姓一揆、さまよい地蔵、追分の碑など見つける。






そろそろ日が暮れてきた。

山の向こうに日が沈む…

うーーん、YH遠いなー。
あたりもうす闇っぽくなってきた。

このまま着かないのではないか、
まさかキツネに騙されてしまうのではないか、
そう思わせるような空気感。
昔の旅人はこんな気持ちだったのかな?
林のそば、神社の奥には何ががありそうな感じがした。

あー、やっとYHに着いた!
18:00だった。
ホッとした。
灯りがこんなに安心をくれる。


夕食は和気藹々と。
どこに行ってきたとか、明日はどこに行くとか、
旅する人の会話だ。

まだカッパ淵やこんせいさまとか見てないし、
明日、午前中に行こう。


たくさん歩いたし、疲れて早めに眠った。


*******

もう少しで遠野旅も終わります。
良かったらお付き合いくださいませ(^ー^)





【 2018/05/24 (Thu) 】 My History~かおりんの根っこ~ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

かおりん

Author:かおりん
ibマッピングスペシャリスト
かおりん@新潟です。

お客さまとのコミュニケーションで悩んでいませんか?
長年Face-to-Faceの現場に身を置いてきた、
私のibマッピングがお役に立てるかもしれません。

このブログでは、お客さまとのコミュニケーションについて、
私が日々実践していることなどなど書いていきます。

ibマッピングのセッションのお申し込みはメールフォームからどうぞ。

公式LINEあります。お知らせもトークも便利です
"ibマッピングかおりん@新潟"の公式LINEです。 活動やイベント情報をお届けします。1対1トークも出来ます。 下記のリンクから友だち追加してくださいねー。 友だち追加
@lfk8777c(@エルエフケイ8777シー)で検索してもOK!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
ブログQRコード
QR